未分類

デイヴィッドバーマン

2016年8月6日 • By

ラスベガスのギャンブルシーンでの暴動の影響については、David Berman aka "Davie the Jew"はパイオニアの一人と考えられています。彼とベンジャミン "バグシー"シーゲルはフラミンゴラスベガスを運営していました。

始める

それを信じるかどうかデビッドバーマンは元ラビの学生の息子だった。彼は1903年にウクライナのオデッサで生まれましたが、彼の家族はアメリカに移りましたが、若い男の子で、ノースダコタ州のアシュリーに定住しました。

人生は彼らの新しい家では簡単ではありませんでした。天気は厳しく、土地は丈夫でした。長い間、家族はスーシティ(アイオワ州)に引っ越され、若いデイヴィッドが犯罪者になった。

バーマンは生まれて生まれましたが、唯一の問題は誰を導くかでした。彼はシェイプアップに十分な年齢に達する前に、ティーンエイジャーのギャングを効果的なシェイクダウン「フランチャイズ」に変えました。まもなく、彼らの指導者であるダビデの目の前で、いくつかの違法蒸留所が運営されていました。

少年は自分の銀行員を作り出し、すぐに地元の暴徒たちは彼の才能に興味を持った。ジェノバの犯罪家が彼を募集し、ミネソタ州ミネアポリスに送って、貴重な財産であることを証明した。

バーマンがミネアポリスに行って製作業を営んでいたのですが、市場はすでにキッド・カンとトミー・バンクスによって「飽和」していました。彼は本の中のあらゆるトリックをビジネスにとどまらせなければならず、もちろん暴力も彼の選択肢の一つでした。

このために、彼はイスラエルの "Ice Pick Willie" Aldermanとして知られている血まみいの執行官のサービスを調達し、彼らは道に迷っている人に恐怖を与えました。バーマンはまた、ミネアポリス市長のマーヴィン・L・クラインを募集し、その影響が彼が競争よりも先に滞在したことを保証した。

彼の人々を守ること

バーマンは不法なギャンブル活動に忙しいかもしれないが、彼は彼のルーツを忘れていない。これは特に、ナチス時代に反ユダヤ主義の集団がいたるところで起きていた時に当てはまりました。

彼は彼のギャングを使ってミネアポリスからプロナチスシルバーシャツを運ぶと信じられています。さらに、彼は米軍に入隊しようとしましたが、彼はすでにかなりのラップシートを手に入れていました。制服の男性は彼を歓迎するつもりはありませんでした。

簡単にあきらめる人ではなく、国境を越えてカナダに入り、そこで軍隊に加わり、第二次世界大戦のヨーロッパ劇場で戦った第18装甲車連隊の一員となった。

時代を変える

帰国してバーマンは、おそらく彼の不法行為の成果を静かに楽しむことを楽しみにしていたでしょう。しかし、これはそうではありませんでした。ヒューバートハンフリーはミネアポリス市長に選出され、彼と暴動家の間に失われた愛はなかった。

その日までにビジネスが悪化し、投獄の見通しが彼の頭にぶつかった。視界に迷惑を掛けずに、バーマンはラスベガスに移りました。そこでラスベガスでストリップが始まったところです。

彼は結婚を維持していたジェノヴェーゼの犯罪家に支えられ、モエセドウェーと一緒にカジノのサークルに自分自身の名前を造り始めました。突然、Flamingoを担当していたBugsy Siegelが狂った行動を起こし始めました。彼はすぐに暗殺され、バーマンとセドウェイが彼の所を去った。

突然死

デイヴィッド・バーマンは、大腸でポリープを発症した約10年間、フラミンゴの支配下にいた。彼は手術中に彼を治すために死んだ。彼は54歳で、妻と娘に生き残った。